ケアマネ試験を頑張っている受験生へのブログ

ケアマネ試験勉強のお悩みお聞きします!

第24回ケアマネ本試験 問題解説(介護支援分野)問題16

f:id:keamane2021:20211012112536j:plain

おはようございます。

昨夜から始まった暗記道場に参加しました。

人間って、時間制限を書けるとみんな必死です。

そして、脳はフル回転して考えます。

来年の10月の試験まで毎日行います。

暗しくは、編集後記にて・・・


今日に問題は、

【問題16】 要介護認定の認定調査について正しいものはどれか。3つ選べ。

1. 認定調査は、介護保険法に基づき都道府県に委託することができる。

2. 新規認定の調査は、市町村の担当職員が行う。

3. 更新認定の調査は、介護支援専門員に委託することができる。

4. 被保険者が正当な理由なく認定調査に応じない場合には、市町村は申請を却下することができる。

5. 要介護認定の申請後、認定調査の前に受けた介護サービスは、保険給付の対象とならない。




【解答: 2.3.4 】

※ポイント

*認定調査で、新規認定と更新認定を出来る人の違いを抑える。

*市町村が、職権で却下出来る時はどんな時?

*大前提に、認定の流れが把握できているかどうか?

この辺りを踏まえて問題を見ていきたいと思います。


1.誤り
認定調査は、原則保険者である市町村が行うものです。
委託が出来るのは、指定市町村事務受託法人のみです。
合わせて抑えていくと良いですね。

2.正しい
保険者である市町村職員が行います。

3.正しい
更新認定の調査が出来る人は、下記になります。
*市町村
指定市町村事務受託法人
介護保険施設
*地域密着型介護老人福祉施設
*居宅介護支援事業所
地域包括支援センター
*介護支援専門員

4.正しい
市町村は、却下することができる。却下しなければならない× 語尾に気を付けましょう!

5.誤り
認定申請後、認定調査の前に受けた介護サービスは、保険給付の対象となります。認定の効力は、申請日に遡る(遡及効)となっています。因みに、更新認定の場合は、有効期間満了日の翌日から生じます。


【編集後記】

昨日からさくら福祉カレッジのアキラ先生が主体になって暗記道場が始まったの。

夜22:45~15分間 来年10月まで毎日するんですよ。

画面共有された暗記項目を、表と裏にそれぞれ書きインプットとアウトプットするんです。

時間制限の中で、皆さん必死でしたよ。

毎日これを習慣化すると10月の試験までには、沢山暗記できる。

「一人で暗記しよう」って取り組んでも続かないのが現状でみんな暗記しないの。

皆で毎日取り組む習慣をつけることが凄く大事だと感じました。

「昨日暗記カードに書いたものを朝もう一度見て確認する」

凄く地味だけど・・この積み重ねが凄く大事だね。

朝は、朝道場、夜は、暗記道場と学ぶ機会は沢山ある。

貴方がもし、来年受験生だとしたらね。

今無料でしているから是非参加して欲しいと思います。

一応、申し込みリンクを貼っておくね。

暗記道場参加お申し込みフォーム


コメント欄に、「つくしからの招待」と入れてくれると嬉しいな

では、暗記道場で待っているね。

受験相談の方はこちらからどうぞ
ケアマネ受験ケアマネ無料相談

ライン登録はこちら
LINE Add Friend

活動はこちらから
https://linktr.ee/Tukushi

*インスタでは、保健医療サービス分野を解説しています。